MENU

  1. トップ
  2. 間取り
  3. 最高の立地を生かす間取りづくりのセオリー

最高の立地を生かす間取りづくりのセオリー

ハウスメーカー社員のおうちTips●山梨・Sさん邸/三井ホーム

富士山を望む敷地に、日当たりと眺望を楽しむ家を建てる

三井ホーム社員のSさんがマイホームを建てるにあたり、最優先に考えたのが日当たりと眺望のよさを生かすこと。富士山や南アルプスを望める小高い丘の上に、好条件の土地を探しあてたSさんは、この敷地の長所を最大限に生かすべくプランを練りました。

目の前を遮る建物がなく、富士山を望む絶好の眺望(左写真)。この敷地条件を生かすために、
模型も活用して視界の広がりや光の入り方をじっくり検討したそうです(右写真)

「採光の確保には、光がたっぷり注ぐ南側の壁面を大きくとるのがベスト。そのために、まずは片流れ屋根のデザインにしようと決めました」と、一級建築士のSさん。屋根を片流れにすることで生まれた南・西側の大きな壁面に、さまざまな大きさや形の窓を配しました。写真と共にその工夫を見ていきましょう。

遮る建物がなく、眺望が開ける南側には大きな窓を(左写真)。
西側は隣家があるため、窓の形や配置を工夫しています(右写真)

階段ホールの吹き抜けは採光・通風の絶好のポイント。
隣家に面する側は縦長の窓で視線を巧みに遮りつつ、手が届く左端の窓のみ開閉可能にして、通風を確保(左写真)。
階段の足元には曇りガラスの小窓を配し、すべて通風可能に(右写真)

階段を上ると目の前には縦に二連のフィックス(はめ殺し)窓。広い空を見上げる爽快な空間です(左写真)。
丸窓は外観のアクセントにも。ロフトへの階段は光と風、視線を通すオリジナルのデザイン(右写真)

2階リビングの南面は大きな掃き出し窓で、バルコニーにつながります。ここがSさん宅の絶景ポイント

窓は、光や風、眺望などを取り入れられる一方で、外からの視線も入ってくる場所。大きな窓をつくっても、視線を気にしてカーテンを閉めっぱなし…では本末転倒です。Sさん宅で参考になるのは、その点を熟慮した窓の選択。また、窓は形状、開閉の有無、ガラスの種類などのバリエーションも豊富です。採光や通風、眺望を生かした住まいを建てたい方は、Sさん宅のアイデアを参考にしてみてはいかがでしょうか。

(文責:イエノミカタ編集部)

■今回の施主は…三井ホーム 商品開発部 Sさん
山梨への転勤を機に、自然豊かな環境に魅せられてこの地での家づくりを決意。今は東京勤務だが、週末の帰宅が楽しみでたまらないとか。「わが家に戻ってくると、心身ともにリラックスできます」。

参考リンク

「間取り」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事