MENU

  1. トップ
  2. 間取り
  3. “プロの引き出し”を上手に活用して、理想の家を建てよう

“プロの引き出し”を上手に活用して、理想の家を建てよう

家づくりのプロフェッショナル~『設計職』

ハウスメーカーという器で、さまざまな経験を積んだ日々

パナホーム 東部営業設計センター 埼玉設計部 部長の城(たち)満さん。長年、実邸やモデルハウスの設計に携わってきました。 一つとして同じものがない注文住宅の設計、コンセプトに沿って世界観を創り上げるモデルハウスの設計、いずれにも魅力を感じているといいます。

「20数年、住宅設計の仕事を続けてきました。若い頃はベテランの先輩方のサポートを受けながら難しい物件を担当したり、設計事務所とのコラボレーションなど通常とは異なるプロセスの仕事を手がけたり。さまざまな経験を積ませてもらえたのは、ハウスメーカーという大きな器があったからだと思います。今は後進のマネジメント業務が主になっていますが、実際に建物を設計するのはやはり面白いですね」。

思い出に残っているのは、20代の頃、二世帯住宅の設計を担当したときのこと。施主であるお父様の友人が営む設計事務所と競合するような形になったそうです。その時、お母様とお嬢様が城さんのプランを推してくださり、受注に至ったとか。「設計事務所さんの案はデザイン性が高く格好良かったのですが、“パナホームのプランの方が暮らしやすい”と女性陣が後押ししてくださった形でした。動線や使い勝手を吟味したプランには自信がありましたし、時間をかけてヒアリングを重ねたことで、信頼関係もできていました。まだ20代だった私が大きな自信をいただいた仕事として、今でも印象に残っています」。


パナホーム 東部営業設計センター 埼玉設計部 部長 城(たち)満さん。
社内制度で“エキスパートデザイナー”として認定されているベテラン設計士です。
「さまざまなお客様を担当する中で、腕を磨かせていただいたと思います」

城さんが実邸の設計で心がけているのは、デザインと機能性の両立。お客様との打ち合わせでは、新居での暮らしを具体的にイメージできるよう、手描きのパースを活用することも多いといいます。「子どもの頃から絵を描くのは得意だったので(笑)。CGよりも手描きのほうが、微妙なニュアンスが伝わる感じがしませんか? 若い設計士は自分で描かない人が増えていますが、やはり手を動かして描くことも大切だよ、と話しています」。


印象に残っている仕事の一つ、K様邸のゾーニング図(左)と外観・内観パース(右)。
いずれも城さんの手描きです。周辺環境を見極めて、日当たりや通風、視線の抜けなどに工夫を凝らしています

ほぼパース通りに仕上がったK様邸。「最初にご提案したプランを気に入ってくださり、ほとんど変更なしでした」。
社内の設計コンテストでも優秀賞に輝いたそうです

また、今回の取材で訪れたモデルハウスも城さんの設計でした。「商品のコンセプトに沿って、立地条件などを考慮しつつ、営業担当やインテリアコーディネーターと共に一つの世界をつくりあげるプロセスが、モデルハウス設計の面白さです。また、さまざまな遊びの要素を加えることもあります。モデルハウスには間取りやインテリアのヒントがたくさん盛り込まれており、最新のトレンドも採り入れていますから、これから家を建てる方にはとても参考になると思います」。

写真の『Vieuno(ビューノ)』モデルハウスには、キッチンに隣接した広い土間や、床を一段下げて寛ぎやすくしたリビング、家族それぞれの持ち物を個別に管理できるロッカー風の収納など、マイホームに採用したくなる数々の工夫が。「たとえば、ベビーカーや自転車も置ける屋内の土間空間は、想像以上に便利です。自宅にこんな広いスペースはつくれない…と思われるかもしれませんが、モデルハウスはある意味、特別な空間。そのまま自宅に採用するというより、アイデアを採り入れるくらいの気持ちで見ていただくのがちょうどいいかもしれませんね」。

さいたま新都心コクーン住宅展示場内『Vieuno(ビューノ)』モデルハウス。
二世帯・賃貸併用住宅を想定した3階建てです。3階のセカンドリビングは段差をつけて寛げる空間に。
眺望もよく、お客様にも好評だそう(間取り図は下記)


最後に、数多くの設計を手がけてきたベテラン設計士の城さんに、これから家を建てる人へのアドバイスを伺いました。納得のいく間取りをつくるためのコツはありますか? 「皆さん、マイホームにはさまざまなこだわりや理想の形があると思います。でも“絶対にこうでなくては”と凝り固まらずに、柔軟な気持ちで臨む方がアイデアが生まれるもの。ハウスメーカーの設計担当は、バリエーション豊富な物件を担当していますから、多くの引き出しを持っています。頭と気持ちを柔らかくして、プロの引き出しを“うまく使って”いただければ(笑)、きっと想像以上の出来になると思います」。

(文責:イエノミカタ編集部)

参考サイト

「間取り」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事