MENU

  1. トップ
  2. 家づくりの基本
  3. プロが教える「営業担当との上手なつき合い方」

プロが教える「営業担当との上手なつき合い方」

家づくりをスタートして、最初に出会うのが住宅メーカーの営業担当。皆、家づくりを熟知するプロフェッショナルです。ぜひ上手につき合って、家づくりをスムーズに進めていきましょう。

家づくりをスタートする前に知っておきたい
プロが教える「営業担当との上手なつき合い方」

家づくりの計画は正直に伝えよう

「“今すぐ家を建てるわけではないので…”と、遠慮してあまり話をしないお客様もいます。でも、“すぐにでも建てたい”と展示場に来るお客様の方が少数派ですから、遠慮は無用です。“自己資金をもう少し貯めて、あと2年後くらいに”など、具体的な計画を話していただければ、その計画に対してのアドバイスもできますし、参考になる情報を提供することもできます」

連絡の取りかたは、希望する方法を伝えればOK

「住宅展示場でアンケートを記入するとき、“しつこく営業されたら困る”と心配するお客様も多いようです。その場合は、“電話はNGだけどメールやファックスならOK”など、希望する方法を伝えるといいと思います。“今はまだ連絡不要”ということなら、率直に伝えましょう。それでもしつこく営業をしてくるようなら、依頼先としては不適格かもしれません」

契約前でも遠慮せず、いろいろな話を聞きにいこう

「土地探し、資金計画、間取りのことなど、家づくりには考えることがいっぱい。気に入った営業担当がいたら、“まだ契約前なのに”と遠慮せず、わからないことを聞いてみてください。お客様が頼りにしてくれるのは、プロとしても嬉しいものです」

悩んだり、迷っていることは何でも相談しよう

「いい家づくりをするためには、家族で話し合うプロセスが欠かせません。でも、そこで意見の食い違いは必ず起きます。そんなとき、調整役になれるのが営業担当です。営業担当はさまざまなケースを経験していますから、いい解決方法も提示できるはず。家族だけで悩むよりも、ぜひプロをうまく使ってください」

コミュニケーションの中で、営業担当を見極めていこう

「家づくりが始まれば、営業担当とは長いつき合いになります。契約する前に、信頼できる相手かどうかを知るためにも、コミュニケーションは大切です。実際、住宅メーカー選びの理由として“営業担当がよかったから”と答える人は多いのです。いろいろな質問や相談をする中で、依頼先としてふさわしいかどうかを見極めていきましょう」

営業担当に気分よく仕事をしてもらうコツ

「こちらがしたことに対して、とても喜んでいただけると、モチベーションが上がります。やはり、営業担当も人の子ですから、感謝の気持ちを表現していただくのは嬉しいですね。仕事ですからやって当たり前のこととはいえ、お客様からお礼の言葉をいただくと、営業担当のやる気はぐんと上がります」

「気を遣うよりも、うまく“使って”ください」。今回、取材をした営業担当者の言葉です。家づくりに関わるプロの中で、最も近くて、とても頼りになる存在。住宅展示場などで会ったときには、ぜひ、積極的にコミュニケーションをとってみてください。

(文責:イエノミカタ編集部)

「家づくりの基本」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事