MENU

  1. トップ
  2. エコ・省エネ
  3. ハウスメーカーが教える、賢い「鉄骨住宅」選び ③断熱性能

ハウスメーカーが教える、賢い「鉄骨住宅」選び ③断熱性能

鉄骨は頑丈な家をつくるのに適した素材ですが、「鉄骨住宅は夏暑くて冬寒いのでは?」という誤解を受けることもあるようです。でも、その建物に最適な断熱方法で、精度の高い施工をしているハウスメーカーの家なら心配は無用。今回は、快適に暮らせる鉄骨住宅の断熱性能についてお話ししましょう。


開口部、鉄骨部分など、熱が出入りしやすい部分をしっかり断熱

四季があり、寒暖の差が激しい日本の気候。外気温の影響を最小限にするために、断熱はとても重要です。暑さや寒さは、窓や外壁、屋根、床下などから室内に伝わります。その中でも、最も熱が出入りしやすいのが、窓や玄関ドアなどの開口部。特に、窓は明るさを取り入れようと大きくするほど、熱も出入りしやすくなるというジレンマがあります。

大きな窓は室内を明るくしますが、夏の暑さや冬の寒さの原因にもなります

窓の断熱のためには、断熱サッシと高性能複層ガラスを用いるのが一般的。サッシは、熱を逃がしにくく結露しにくい、アルミ樹脂複合サッシを採用するメーカーが主流です。ガラスに関しては熱の出入りを抑えつつ、日射を取り込むタイプや遮るタイプなどいくつかの種類があり、居住地域や周辺環境、窓の方角などによって使い分けます。このような開口部の断熱対策は、鉄骨住宅だけでなく、木の家でも同様に行われています。

さて、次に鉄骨部分の断熱のお話です。鉄骨部分が外気温を屋内に伝え、断熱性能を低下させる現象のことを『ヒートブリッジ(熱橋)』と呼びますが、この現象を最小限に抑えるために各メーカーでは独自の工夫をしています。外壁と内壁の間にある鉄骨を断熱材で包み込むなどして、熱の移動をシャットアウトする方法が一般的ですが、断熱材がずれたりすると十分な断熱性能が得られません。そのため、あらかじめ工場で精度の高い施工をする、現場で施工しやすいボード状の断熱材を用いるなどの対策が行われています。

鉄骨部分を通じて、橋を渡るように熱が伝わっていくことから
『ヒートブリッジ(熱橋)』と呼びます

高性能グラスウールと高密度グラスウールボードの2種類の断熱材を組み合わせた、外張り断熱の例。
壁内の通気も確保しているため、壁体内結露の抑制にも効果的(イラスト/大和ハウス工業)

コンクリートの10倍という高い断熱性の外壁材(へーベル版)を使用。
その内側に、断熱性・耐久性に優れた断熱材(ネオマフォーム)を使用し、
長期に渡り住まいを暑さ寒さから守ります(写真/ヘーベルハウス)

また、床下の冷気をシャットアウトするため、基礎断熱を採用しているメーカーもあります。基礎内部に外気が入らないため、安定した床下温度を効果的に室内に取り込めるのがメリットです。

天井、外壁、基礎まで断熱材で家全体をすっぽり断熱。
基礎断熱は、一年中安定した温度の地熱を利用できるエコなしくみでもあります。
床下から、夏は外気よりも涼しい空気を、冬は外気よりも暖かい空気を取り入れます(イラスト/パナホーム)


地中の安定した温度を効果的に利用する基礎断熱と、余分な柱や中基礎で空間を遮らない工法により
確保した床下の大空間に、冷暖房・除湿ユニットと熱交換型換気システムを設置。
廊下や居室、室内の上下の温度差が少なく、一年中快適に過ごせます。左は冬、右は夏の場合(イラスト/セキスイハイム)

室内の温度を快適に保つためには、断熱はもちろん、適切な空調システムの設置も必要です。最近は、効率的な運転でエネルギーの無駄をなくし、冷暖房費を抑える全館空調システムを採用するメーカーも増えています。

24時間365日、家中どこでも安定した温度環境を実現する空調システム。
1・2階を別々に運転できるため、冷暖房費を上手に節約でき、家計にもやさしい(イラスト/トヨタホーム)

家の中の温度環境が安定していることは、健康な暮らしに不可欠な条件です。住宅展示場や現場見学会などでハウスメーカーの担当者に会ったときは、断熱性能や空調システムについて詳しく話を聞くことをおすすめします。

今回取材した各メーカーの断熱性能については、以下のリンク先に詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。

鉄骨住宅の断熱性能についてもっと詳しく知ろう

「エコ・省エネ」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事