MENU

  1. トップ
  2. インテリア・設備
  3. らくにキレイをキープできる、掃除しやすい家(ライオン)

らくにキレイをキープできる、掃除しやすい家(ライオン)

  • ライオン株式会社
    大切なマイホームは、いつまでもキレイに保ちたいですね。今回は、住まい用の洗剤などでおなじみのライオンさんに、らくにキレイをキープする方法について伺いました。答えてくださったのは、同社リビングケアマイスターの杉本美穂さんです。

    (イエノミカタ編集部)

  • ライオン 快適生活研究所 リビングケアマイスター 杉本 美穂さん
    長年、洗濯・掃除関連の製品企画やマーケティング、生活者向け講習会などに携わる
新築のピカピカの家も、暮らし始めると、モノが増えて散らかったり、汚れがついたり…。日頃の片付けやお掃除が大切とわかっていても、なかなかできないことも多いですね。そこで、ラクにお掃除できるコツや、お掃除しやすい家について、知っておきましょう!

“ちょこっと掃除”を習慣にするとラク!

住まいの汚れは、時間がたつと化学的に変化し落としにくくなったり、菌が働いてニオイやヌメリなどの2次的な汚れが発生したりと、掃除がますます大変になります。汚れは、ついたときにすぐ除去してしまうのが、労力も時間もかからず、最も簡単でラク。“気合を入れて行う掃除”ではなく、手軽で簡単な“ちょこっと掃除”を、毎日の暮らしに上手に組み込んでいくのがオススメです。
ところで、家の間取りや設備・建材によっても、掃除のしやすさは変わってきます。次にそのことをお話ししましょう。


掃除の流れを止める“ハードル”を取り除こう

掃除のしやすさの決め手。その第一が「掃除動作の流れを止めるハードル(障害)がない」ことです。これは、単に物理的な側面だけではありません。「掃除をしよう」と思いたった時に、その気持ちをくじけさせるという心理的な側面もあります。動作の流れを止めるハードルをできるだけつくらないように、あらかじめ構造や配置を工夫することが大切です。
掃除動作の流れを止めるハードルの要素
段差・障害物: 引っかかる、阻まれる
高さ・狭さ: 届かない
複雑・煩雑: 難しい、面倒くさい


動作を止めるハードルの最たるものが、段差です。空間的な演出や仕切りとして段差をつけることがありますが、人がつまずくことがあるということは、掃除の道具も引っかかり流れが止まり、掃除しにくくなるということ。今はやりのお掃除ロボットも、この段差に阻まれ、動ける範囲も限定されてしまいます。また、隅となる箇所ができることにより、汚れが溜まりやすい場所をつくってしまうことにも。将来的なバリアフリーも考慮に入れ、できるだけ段差は少なくしておいた方が、賢明な選択といえるでしょう。
また、動かしにくいもの(重いものや細々したもの)があると、動作の流れは止められてしまいます。動かせない大きな家具は仕方ないですが、簡易な収納などであれば、キャスター付きの移動可能なタイプがオススメです。さらに、クローゼットや収納は造り付けとし、置き家具を少なくすることも掃除をしやすくする工夫のひとつです。



高さや狭さによって、手や道具が届かないところをつくってしまうことも、掃除動作の流れを止めてしまうことにつながります。採光のための高窓や、開放的な吹き抜け部分の梁などは、暮らし始めてから「ここは掃除しにくい」と気づくこともあるようです。高いところをお掃除できる、柄の長い掃除道具も市販されていますので、上手に活用しましょう。自分でこまめにお掃除したいならば、そのような道具で届くような空間プランにするとよいと思います。お手入れのしやすさも、間取りづくりの際の大切な視点です。



お掃除しやすい家のワンポイントアドバイス「設計段階から、収納計画を」
キッチン、浴室・洗面化粧台、トイレ、リビング…掃除用品は、洗剤も道具も場所によって異なります。汚れを見つけて掃除をしようと思いたったとき、すぐ掃除できるように、さっと取り出せる場所に掃除用品の定位置をつくっておきましょう。洗剤や道具を一箇所に集中収納すると、必要な物を取りに行くこと自体が面倒になり、掃除のやる気も機会も遠のいてしまいがちです。
使う場所に、使うものを収納するためには、設計段階からの収納計画が大切です。取り出しやすく、かつ上手に隠せるように、それぞれの場所に造り付けの棚を設置して、道具置き場としてキープするのもオススメです。


お手入れしやすい素材選びをしよう

掃除のしやすさの第二のポイントは、「汚れが付きにくく、落としやすいものを選ぶ」ことです。
住まいの汚れは、場所によって汚れの種類が異なり、そこで発生する汚れならではの特性があります。また、設備や建材によって材質、形状、硬度などもさまざまです。材質、形状、硬度の特性によって、汚れの付きやすさや落としやすさにも違いが出てきます。

住まいで発生しやすい汚れと主な材質

例えば、材質では、金属や陶器など表面が親水性のものには水垢汚れが付きやすいのですが、プラスチック製品は水をはじきやすい反面、油汚れが結び付きやすいという性質があります。また、繊維のように、素材によっては汚れがしみ込みやすいものもあります。
形状では、表面が平滑か、凸凹や角・フチがあるかないかなどによっても、汚れの付きやすさ・広がり方が違ってきます。硬度は、汚れの付きやすさというよりも、表面の傷みやすさや汚れの落としやすさに影響します。
それぞれの場所をお手入れする際に、汚れや材質に合わせ適切な洗剤や道具を使うことも大切ですが、家の設計段階から発生する汚れやお手入れ方法を想定して、汚れが付きにくく、落としやすいものを選ぶことをオススメします。


掃除のしやすい家の具体例~トイレ空間を例にして 

さて、掃除のしやすさのポイントを考慮しながら、空間づくりを考えてみましょう。例として、トイレ空間を取り上げてみます。掃除の頻度も高く、お手入れのことを十分考えて設計しなくてはならない場所ですが、家づくりの中では後回しにされがちで、掃除のしやすさについても検討が不十分なことが多いようです。



【トイレで発生する汚れ】
モデル尿で再現した尿の飛び散りの様子
成人男性が立って小用をした場合の1日の様子を
再現。光っている部分が、尿の飛び散ったところ

最近の便器は、汚れがつきにくい材質や形状へとどんどん進化しています。掃除のしやすさも配慮されています。日頃きちんとお掃除をしていれば、尿石と呼ばれる頑固な黄ばみ汚れなどは、以前よりは付きにくくなってきているようです。成人男性が立って小用をした場合の1日の様子を再現。光っている部分が、尿の飛び散ったところしかし、トイレで汚れるのは、便器の中だけではありません。もし立って小用をするご家族がいるならば、便器から跳ね返った尿はね汚れは、便器の中だけにとどまらず、便器のフチや壁や床まで飛んでいます。それだけではありません。トイレには服を上げ下げするときの繊維くずだけではなく、トイレットペーパーを取るたびに発生して舞い上がる繊維くずもあり、ホコリが溜まりやすい空間なのです。その尿はねやホコリのなかで菌が増殖して、あの嫌なニオイが発生します。人肌くらいのぬくぬくとした温度条件などが整えば、ニオイが発生するまでわずか16時間、1日の猶予もないのです。


【ラクにキレイをキープできる、掃除しやすいトイレ空間の設計】

毎日家族みんなが何回も利用し、汚れが溜まりやすいトイレ。入ったついでに、簡単に“ちょこっと掃除”をすませられるように、以下のポイントを押さえましょう

(1)汚れの付きにくい、掃除しやすい設備を選ぶ
・便器は、少ない水でも、しっかり汚れを流せるもの。表面には汚れがつきにくく、汚れが溜まりにくい形のもの
・便座は、隙間や温水洗浄ノズルなど細かいところまで、簡単に掃除ができるもの
・手洗い器は、ホコリや水垢が付きやすいことを想定して、水や洗剤を使う掃除がしやすいもの

(2)ホコリの溜まりにくい設計にする
・扉のある収納庫をつくり、物の上や周囲にホコリが溜まるのを防ぐ
・段差や溝など、ホコリが積もりやすい構造のものは、極力排除する

(3)水拭きやトイレットペーパーでの掃除を前提にして、床・壁の材質を選ぶ
・尿はね、手洗いの水滴、洗剤での拭き掃除を想定して、水気を嫌う材質を選ばないこと
・ペーパーを使った手軽な拭き掃除がしやすい壁や床を選ぶ。凸凹した形状は、ペーパー掃除がしにくい



このように、トイレ空間ひとつを例にとっても、掃除をしやすくするポイントはたくさんあります。家づくりの際は、素敵なデザインや便利な設備に目が行きがちですが、お手入れ・掃除をする視点で考えることも大切。そうすればお掃除しやすく、らくにキレイがキープできる快適な住まいにすることができるはずです。


ポイント!こんな見方をしてみよう

  • ・掃除しやすい家という観点で、住まいづくりを考えてみよう
  • ・掃除のしやすい間取りや、設備・建材がある
  • ・掃除用具は、使う場所に分散収納をしよう
 

(文責 ライオン株式会社)

『簡単なトイレ掃除の方法』をもっと知るための参考サイト

「インテリア・設備」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事