MENU

  1. トップ
  2. 間取り
  3. ペットも家族も幸せに暮らせる家をつくろう!(後編)

ペットも家族も幸せに暮らせる家をつくろう!(後編)

猫の習性を知って、家づくりを考えよう

ワンちゃんに比べると、マイペースで自由気ままな猫ちゃんたち。人間とは、適度な距離感を保ちつつ、共生する生き物のようです。高いところに登るのが好きなので、登れるしかけをつくってあげると喜びます。

「キャットウォークやタワー式の遊び場など、上下の動きができるようにしてあげると、運動不足が解消できます」(パナホーム 小田垣さん)。「猫は、高いところに登って、外を眺めるのが好きなのだそうです。キャットウォークの動線上に、外の景色が見える高窓を設けてあげるといいですね」(ミサワホーム 長谷川さん)。

また、爪を研ぐ習性もあるので、自由に爪とぎできるような場所を確保してあげましょう。市販の爪とぎグッズのほか、柱に縄などを巻いて爪とぎにしてあげる方法もあります。

猫は、かまくらのような形の寝床(ちぐら)を好むそうです

ペットのお世話がしやすい家をつくろう!

かわいくて、人間を幸せな気持ちにしてくれるペットたちですが、自宅の中で飼う場合はいくつかの悩みもあります。まずはニオイの問題。日頃一緒に暮らしている家族は気にならなくても、来客にはちょっと…ということも。ニオイ対策にはどんなものがあるのでしょうか。

「柔かい無垢の床材は滑りにくいのですが、表面にコーティング等をしないと、粗相をしたときなどの汚れが染み込み、ニオイの元になることもあります。ペット用床材はその点お手入れが楽ですね」(長谷川さん)。消臭機能のついた壁紙などもあります。「アンモニア等のニオイ成分は空気の上昇に乗って天井付近にたまりやすいので、消臭効果のある天井材を貼るのも有効です」(長谷川さん)。また、ペット用のトイレはリビングではなく、廊下やサニタリーなどに置きたいもの。「建具にペット専用の小さな“ペットドア”をつけて、自分で出入りできるようにしてあげるといいですね」(小田垣さん)。また、気密性の高い現代の家では、空気の入れ換えをきちんと行うことも大事。ペットのニオイをスムーズに排出できるよう、通気や換気を考えた設計・設備選びをしましょう。

毛玉などで床が汚れるのも悩みの一つ。家具と壁や床のすき間にゴミが溜まると、ニオイやダニの心配があります。造り付けの収納にする、また、掃除がしやすいように、収納と床との間にスペースを設けるという方法があります。ペットの爪や身体でクロスが破けたり汚れたりする悩みには「クロスを横貼りするのもお勧め。犬の背が届き、一番傷や汚れで傷みやすい下の部分だけ貼りかえればいいので、メンテナンスがしやすくなります」(長谷川さん)。



ペットが大好きなお散歩や外遊び。でも、室内に入れる前に汚れた脚を洗うのは一仕事。そんな時、出入り口の近くに温水の出るシャワー水栓があると便利。「玄関とは別にペットのお散歩動線を設ければ、ペットのニオイを気にすることなく、お客様を玄関へお招きできます」(小田垣さん)。また「高さのある流し台だと、人がラクな姿勢で作業できます」。流しの近くには、ペット用品をしまう収納を設けておくと便利です。

出入り口近くに、リードやお手入れ用品をしまう収納と、足を洗う流し台があると、毎日のお散歩タイムがスムーズに

ちなみに、お散歩タイムが嬉しいペットたちは、勢い余って道路に飛び出してしまうことがあります。「車や歩行者との事故の危険を減らすために、道路までのアプローチをL字型にするなど、飛び出ししにくいプランにしておくと安心です。」(長谷川さん)。


人とペットの幸せのために

「家族の会話が増えた」「毎日の散歩で健康になった」「地域とのつながりができた」そして「癒される」など、ペットを飼うことのメリットは数多くあります。家族にたくさんの幸せをくれるペットですが、寿命は人間よりはるかに短いもの。老犬・老猫になったときのお世話はどうするのか、先々を見越しておくことも大切です。年をとると徐々に動く範囲が小さくなり、トイレも失敗してしまうことも。「大型犬は特に、抱えて動かすだけでも大変です。年をとった時の居場所も考えておくことが大事です」(長谷川さん)。

人間とは違う習性をもつ犬や猫に配慮は必要ですが、基本的に、人間にとって快適な環境はペットにとっても快適なもの。「きれいな空気、夏涼しく冬暖かい屋内など、人が心地よい空間はペットにとっても居心地がいいのです。やはり、断熱性や気密性など、性能の高い家を建てるのが基本になりますね」(小田垣さん)。




今回の記事では、ペットと暮らす上でのいくつかのアイデアをご紹介しました。近年、多くのハウスメーカーがペットと共生する住まいの研究・提案をしています。新居でペットとの暮らしを考えている方は、プロのアドバイスを聞いてみることをお勧めします。


ポイント!こんな見方をしてみよう

  • ・犬や猫の習性を知った上で、家づくりを考えよう
  • ・日々のお世話がしやすくなる間取りや設備を知ろう
  • ・ペット共生住宅を提案しているハウスメーカーに相談してみよう
 

(文責:イエノミカタ編集部)

「ペットも家族も幸せに暮らせる家」をもっと知るための参考サイト

「間取り」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事