MENU

  1. トップ
  2. インテリア・設備
  3. お手入れがラクな「水回り設備」の選び方(TOTO)

お手入れがラクな「水回り設備」の選び方(TOTO)

  • TOTO株式会社
    カビやぬめりなどの汚れが気になる水まわり。掃除がしやすく、汚れが付きにくい設備を選ぶと、お手入れがぐんとラクになります。今回は、TOTO株式会社さんに、水回り設備を選ぶ際のポイントを教えていただきます。

    (イエノミカタ編集部)

毎日使う場所だから、水回りは「汚れになる前にお掃除する」ことがとても大切。汚れたままにしないで、使うたびにお手入れする習慣をつければ、キレイも長持ちします。お手入れしやすい水回り設備のポイントを見ていきましょう。

システムバスルームを選ぶポイント



1. 手がスッと入る、余計な凹凸のない排水トラップ

排水口は、汚れがたまりやすいところ。掃除のしやすい凹凸がないシンプルな形状のものが出ています。開口部が広くスッと手を入れてひと拭きできるのでお手入れラクラクです。見えない排水口の中の形まで確認してみましょう。

2 . 乾きやすい床

システムバスルームの床は、乾きやすいように工夫されたものがあります。タテヨコに規則正しく刻まれたパターンが、表面の水を誘導するしくみになっています。ブラシの通りもよく、お掃除がラクにできます。

3 . カビにくく、お手入れ簡単なドア

カビやすいドア縁のゴムパッキンや、汚れがたまりやすいドア下の換気口を、ドア枠上に移動したお手入れしやすいドアも出ています。


洗面所を選ぶポイント



1. 水がたまりにくい構造の壁付水栓

水栓の根元に水がたまると、カビや汚れをよびやすくなります。水栓を上部に設置したタイプは、水がたまりにくいのでお手入れがラク。継ぎ目のない一体成型のボウルもオススメです。

2 . 汚れがたまりにくくゴミを簡単に捨てられる排水口部

排水口部も、汚れやすい部分。すき間が少なく、水あかなどがたまりにくいタイプのものがおすすめです。

さらに、髪の毛などのゴミを排水口で起きる水の渦でまとめからみにくくし、簡単にポイッと捨てられる機構のものもあります。お掃除がグンとラクになります。


トイレを選ぶポイント



1. 便器フチがない

お手入れしづらく、汚れがたまりやすかった便器のフチをなくした、滑らかな形状のものが出ています。力を入れなくてもサッとひと拭きでお掃除ができて、キレイをキープできます。

2 . 汚れが付きにくい便器

表面がとても滑らか&イオンのパワーで、汚れの付着を抑制するタイプの便器が出ています。長時間、清潔な状態を保つことができます。


ポイント!こんな見方をしてみよう

  • ・水まわりは、汚れにくい素材や形状のものを選ぼう
  • ・掃除しやすい素材や形状もポイントに
  • ・ショールームで実際に見て、確認するのがオススメ
 

(文責:TOTO株式会社)

『水回り設備』をもっと知るための参考サイト

「インテリア・設備」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事