MENU

  1. トップ
  2. 住宅性能・防災
  3. 巨大地震が何度も襲う! 住宅メーカーの『実大実験』

巨大地震が何度も襲う! 住宅メーカーの『実大実験』

地震大国である日本の住宅には、巨大地震を想定した耐震性能が不可欠です。住宅メーカー各社では、実際の家と同じような建物を振動台に載せて揺らす『実大実験』を行い、そこから得られたデータをより強い住まいづくりに生かしています。



  • 旭化成ホームズ(へーベルハウス) 住宅総合技術研究所 小山雅人さん
    実邸設計や施工監理などを経て、同研究所へ。長年、構造関連の研究業務に携わる

  • セキスイハイム 住宅技術研究所 田中直人さん
    営業設計を経て同研究所へ。耐震に関する研究のほか、新商品の開発などにも携わる

  • ミサワホーム総合研究所 梶川久光さん
    入社以来、研究所一筋。研究・開発業務のほか、設計マニュアルの作成などにも携わる

繰り返し襲う揺れに、建物はどうなったか

住宅メーカーのCMやサイトで、建物を振動台の上に載せて揺らす『実大実験』を見たことがある人は多いことでしょう。実際の家と同じ規模の建物が激しく揺さぶられる映像には、強いインパクトがあります。

実験では、一度だけでなく、何度も揺れの大きさや振動の波形を変えて建物を揺らします。外壁やサッシ、照明器具やクロスなどは実際の家と同じように施工し、日常の生活を再現すべく家具なども配置。大きな揺れで、固定されていない家具は大きく動き、背の高いものは転倒することも。過去の大震災やそれ以上の大きな揺れ、また、繰り返し襲う揺れに建物はどうなったのでしょうか。


「壁クロスの一部にしわが寄る程度で、構造部分に関わる損傷はありませんでした」と、ミサワホーム総合研究所の梶川さん。驚くことに、いずれの住宅メーカーでも構造体にダメージはありませんでした。「実大実験に至るまでには厖大な数の実験を行っており、どのような結果が出るかの予測はついています。実際に行ってみて、予測よりも損傷は少ないことがわかりました」と旭化成ホームズの小山さん。セキスイハイムの田中さんも「ユニットレベルでの実験と比較して、壁・面が加わることで建物はより一層強くなることを実感しました」と語ります。長年の研究・開発の積み重ねの結果、商品化されている住宅メーカーの家は、度重なる大きな揺れに対しても強く持ちこたえられることがわかります。


日々の地道な研究の先にある『実大実験』

住宅メーカー各社では、実大実験のような大規模な実験のみならず、基礎的な実験による研究が日々行われています。「実大実験は、日頃の実験の最終確認として行うもの。事前に想定していた結果と異なる部分があれば、次のステップに生かしていきます」(旭化成ホームズ・小山さん)。「コンピュータ上のシミュレーションだけでは分からない部分を実大実験で確認し、問題があれば対策を講じます」(セキスイハイム・田中さん)。「実大実験では、想定外のことも起こります。それを日々の研究にフィードバックする。実大実験と基礎的な実験は、車の両輪。どちらも欠かせません」(ミサワホーム総合研究所・梶川さん)。

見た目のインパクトから注目を集めがちな実大実験ですが、そこに至るまでには、住宅メーカーの研究員達の地道な業務の積み重ねがあるのです。


『実大実験』を行う意義とは?

日々の研究活動の集大成としての『実大実験』。そこには、もう一つ大きな意義があります。「日頃、左脳で考えていた“揺れ”のすさまじさを、眼前で見て脳裏に焼きつけること。理屈を超えた恐ろしさを右脳で感覚的にとらえることで“絶対に倒れない家を建てよう”という使命感が生まれます」と旭化成ホームズの小山さん。「そのような想いから、また新しい技術が生まれるのだと思います」。

「実験の結果を世の中に公表し、データを共有することで、メーカー同士がお互いに刺激し合い、業界全体の底上げにつながるという側面もありますね」とミサワホーム総合研究所の梶川さん。「住まいの安心・安全のためにはこのくらいのことをしなくてはいけないのだ、という共通認識ができると思います」。

また、「“実際の住まい”において、実大実験で確認できたような安全性を確保するためには、確実な生産・施工が欠かせません」とは、セキスイハイムの田中さん。「設計通りの安全性能を正しくつくり上げられる、きちんとした生産・施工体制をもった会社を選ぶことが重要になりますね」。


今回お話を伺った皆さんが、口を揃えて話されていたのは「命を守る(=倒れない)家であるのは当然のこと。大きな地震の後で、そのまま自宅に住み続けられる家をつくらなくてはいけない」ということです。家が残っても補修に多額の費用がかかり、二重ローンを払わなくてはいけない。そのような状態では、せっかく無事に生きのびたとしても、苦しい日々を送ることになってしまいます。

「地震の被害を最小限に抑えるだけでなく、その後の生活も保障できるような家でなくてはいけない」。そう語る住宅メーカーの研究員の皆さんからは、強い使命感を感じました。国で定めている耐震基準は、命を守るレベルを想定していますから、決して高いものとはいえません。その基準を上回り、命だけではなく、その後の平穏な暮らしを守るための基準を真剣に考えて形にしている――実大実験の取材を通じて、住宅メーカーの真摯な姿勢を実感しました。

(文責:イエノミカタ編集部)

ポイント!こんな見方をしてみよう

  • ・『実大実験』では、実際の家を想定した建物が地震でどうなるかを見ることができる
  • ・基礎的な実験だけではわからない部分を『実大実験』で確認することができる
  • ・住宅メーカーの長年の研究の積み重ねが、大きな地震にも耐えうる家を実現する
  • ・地震から命を守るだけでなく、その後の暮らしも守ってくれる家であることが大切
  • ・住む人のことを真剣に考えて、家づくりをしている会社を選ぼう
 

住宅メーカーの『実大実験』をもっと知るための参考サイト

「住宅性能・防災」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事