MENU

  1. トップ
  2. 間取り
  3. 光と風と緑を味方にする家(前編)

光と風と緑を味方にする家(前編)

太陽の恵みを感じられる家。心地よい風や四季折々の緑を愉しめる暮らし。自然の“心地よさ”を享受できる住まいのつくりかたを、住宅メーカーの皆さんに聞いてみました。



  • 旭化成ホームズ(へーベルハウス) 商品開発部 藤田耕一郎さん
    設計業務に携わった後、商品開発部門に異動。実邸設計の経験を生かして、新商品の開発などを手がけている

  • 三井ホーム 商品開発部 内田敦さん
    営業所長を務めた後、商品開発部門に異動。新商品開発のほか、モデルハウス出展時のオブザーバーの役割も担う

  • ヤマダ・エスバイエルホーム 千葉支店 佐藤荘一さん
    入社以来、ずっと設計一筋。実邸の設計をメインで行うかたわら、モデルハウスの設計にも関わる

周りの環境をよく見て、効果的な光の取り入れ方を考えよう

家づくりを考えている人に“どんな住まいにしたいですか?”とたずねると、必ず“明るい家”という条件が挙がるとか。誰もが、光がたっぷり入る、明るくて気持ちのいい家を思い描いているようです。でも、敷地条件によっては、十分な大きさの窓がとれないこともあります。また、周辺環境によっては、窓が大きいと外から室内が丸見えになってしまうことも。

「“南側に大きな窓”というのがスタンダードな考え方ですが、意外と、プライバシーの問題でカーテンが閉めっ放しになるケースもよく見受けられます。せっかく十分に光が入る窓を設けたのに、昼間から室内が薄暗くなってしまうのはもったいないですね」と、ヤマダ・エスバイエルホームの佐藤さん。「外構でカバーできればよいですが、そのような余裕がない場合は、南側の大きな窓に必ずしもこだわらなくていいと思います」。たとえば、北側の窓でも明るさは十分確保できます。敷地条件をよく見極めて、どの方角から採光するのがよいかをじっくり検討する必要がありそうです。

「ハイサイドライト(高窓)やトップライト(天窓)で、プライバシーを確保しながら光を取り込む方法はおすすめですね」と三井ホームの内田さん。直射日光にくらべて、天空光※は部屋全体をまんべんなく明るくしてくれる効果があるそうです。吹抜けを設けて、上からの光を採りこむのも有効です。また「白系の明るい壁や天井、明るめのフローリングにすると、室内で光が反射して明るく広々と感じます」という技も。ただし、本や家具が増え、壁が物で覆われてくると、光が吸収されて効果が薄れるので注意が必要だとか。
※天空光…直射日光以外の、天空のあらゆる方向から地上に到達する光。空気分子などによる散乱・反射の結果もたらされる。

旭化成ホームズの藤田さんも「“明るさ”と“日当たり”は違います。直射日光が入らない窓でも、室内を十分明るくできることを知っていただきたいですね」と語ります。また「建物をL字型にする、中庭をつくる、2階リビングにするなどプランニングの工夫で、上手に光を取り込むことが可能です」。プランニングでは“どの部屋を一番明るくしたいか”を考えることも大切だとか。その際、“リビングを明るく”と考えがちですが、たとえば妻が専業主婦で、日中はキッチンやダイニングまわりで過ごすことが多い場合、リビングよりDKの明るさを優先した方が心地よく過ごせるはずです。

敷地条件やライフスタイルなど、トータルな視点でわが家に一番合った“光”の取り込み方を考える必要があるということですね。


窓から入る“暑さ”“寒さ”にも留意することが大事

光の取り込み方を考える一方で、忘れてはいけないのが“暑さ・寒さ”の問題です。幸いにして南側に大きな窓を設けることができても、夏の暑さや冬の寒さに悩まされては困りますね。開口部=窓は、熱の出入りが一番多い場所。何の対策も考えていないと、住み始めてから“こんなはずでは……”という結果になってしまいます。

「夏、室内に熱を入れないためには、窓の外でシャットアウトするのが一番です。オーニングや庇、パーゴラなどで、直射日光が室内に入らないような対策をしておきましょう」と三井ホームの内田さん。旭化成ホームズの藤田さんも「遮熱複層ガラスや高断熱複層ガラスを用いて、窓からの熱の出入りを上手にコントロールしたいですね」とのこと。ヤマダ・エスバイエルホームの佐藤さんからは「“夏の西日対策には遮熱複層ガラス”など、方角や季節、地域によりガラスの選択を考えて」とアドバイスがありました。夏の強い日差しには遮熱複層ガラスが有効ですが、冬場は太陽の暖かさを取り込みたいので、季節による日射の違いも考慮に入れて窓ガラスを選ぶ必要があるのです。もちろん、プランニングや空調計画も、快適な温熱環境づくりには欠かせない要素となります。

後編では引き続き“風”と“緑”の取り入れ方についてお話をうかがいます。

(文責:イエノミカタ編集部)

「間取り」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事