MENU

  1. トップ
  2. 間取り
  3. あきらめない!都会の家のつくりかた (前編)

あきらめない!都会の家のつくりかた (前編)

狭小、変形、隣家が迫っているetc.・・・そんな都市部の敷地でも、プランニング次第で住みやすい家をつくることが可能です。都会の便利な暮らしと快適な住み心地、両方をあきらめずに済む方法を、住宅メーカーの皆さんに聞いてみました。



  • 旭化成ホームズ(へーベルハウス)技術本部 西野功市郎さん
    注文住宅の設計に10数年携わったのち、商品企画の仕事へ。主に、邸宅、都市部の3階建てや賃貸併用住宅などの商品企画を行っている。「休みの日も住宅建築を見に出かけたりしています」

  • 大和ハウス工業 住宅事業推進部 木寺智香子さん
    3階建て商品の標準詳細図を作成する仕事に従事。「外壁の断面など、専門家以外は目にすることがないマニアックな図面です(笑)」。ほかに、賃貸併用住宅の企画にも関わる

  • ヤマダ・エスバイエルホーム 小堀の住まい設計工房 中村晃さん
    入社以来、注文住宅の設計一筋。「京都出身なので町家を数多く見ています。隣の家同士で中庭を共有し、採光とコミュニケーションの場にするなど、知恵と工夫の宝庫だと感じます」

都市部の住まい。光と風をどう取り込むか

都市部の家の悩みの筆頭に挙げられるのが、採光と通風。広い庭に面した大きな窓や、視線を気にせず開けられる窓をつくるのは、ちょっと難しそうです。街なかに住みながら、日差しや風通しを得るには、どうすればよいのでしょう。住宅メーカー各社に、プランニングのアイデアを聞いてみました。

旭化成ホームズの西野さんは「隣家が迫っていても、光が入ってくる場所は必ずあります。それをとらえることが大事ですね」と語ります。「たとえば“天空光”といわれる、上からの光を取り込む方法があります。高窓や天窓を設置して、光を壁面に反射させることで空間を明るくできます」。また、隣の建物の外壁が白っぽい場合は、反射光が期待できるとか。写真撮影のときのレフ板と同じ理屈ですね。

大和ハウス工業の木寺さんからは「奥行きのあるバルコニーをつくり、庭の代わりにするというアイデアがあります」。外部空間は、光や風、自然を感じられる貴重なスペース。高めの腰壁をめぐらせれば、隣家の視線をカットできます。「床や壁のトーンを室内とそろえて一体感を出し、部屋の一部のように見せるのもポイント。アウトドアリビングとして活用すれば、日々の暮らしに潤いが生まれると思います」。

「上下の抜けをつくることも大事ですね」と、ヤマダ・エスバイエルホームの中村さん。吹抜けや、天窓のある階段などは、光だけでなく風の動きもつくりだします。また、間口が狭く細長い敷地の場合、中庭を設けることで建物奥に光と風を取り込むことが可能だとか。「本当は部屋を一つつくりたいところですが、あえて中庭をつくることで、空間の広がり感や心地よさが得られるんです」。京都の町家が好例ですね。



まだまだある、光と風、自然を取り込むアイデア

都市部の家では、窓の形や種類を上手に選ぶことも大事。細長いスリット状、小さな正方形や丸型などの窓は、外観のアクセントに用いつつ、採光・通風を得ることができます。ポイントは、視線をさえぎりつつ、採光・通風が可能なものを選ぶこと。曇りガラスを使うのも有効です。また、人が入れないような形状のものは、通風のために開けていても防犯面で安心ですね。ヤマダ・エスバイエルホームの中村さんによれば「敷地の風向きを考慮して、効果的な位置に窓を配置しましょう。東と西、南と北など二面に窓があると風が抜けやすくなります」とのこと。

室内の風通しや明るさのために、「壁の一部を格子にする、ドアの上に欄間を設ける、開け放しておける引き戸を採用する、などの工夫もおすすめです」と、旭化成ホームズの西野さん。

大和ハウス工業の木寺さんからは、「もし、幸いにして目の前に公園などがあったら“借景”というやりかたもあります」というアドバイスも。自分の庭でなくても、窓から緑を望めるだけで心が安らぎますね。屋上をつくって家庭菜園、壁面緑化用のワイヤーにつる植物を這わせて、緑のスクリーンをつくるという方法もあります。

後編では、都市型住宅に必要な“発想の転換”と、街なかの家ならではのメリットを探っていきます。

(文責:イエノミカタ編集部)

「間取り」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事