MENU

  1. トップ
  2. インテリア・設備
  3. 快適な家をつくるなら「空気環境」に注目! (前編)

快適な家をつくるなら「空気環境」に注目! (前編)

快適な家の必要条件って、何? 暮らしやすい間取りや便利な設備機器、好みに合ったインテリアetc.…はもちろんですが、目に見えない大切なものがあります。それが「空気環境」です。夏涼しく冬は暖かい。つねに爽やかで心地よい空気に満たされている。そんな家をつくるために知っておきたいことを、聞いてみました。

  • セキスイハイム 住宅商品開発部 林 哲也さん
    以前は、自社研究所で技術系の仕事に携わる。「現在は商品開発部で、社内向けに商品情報や知識を伝える役割を担っています。社外の研究会に出るときには、技術者の顔に戻ります」

  • パナホーム 戸建事業企画部 鎌田 剣さん
    戸建住宅の商品企画・開発を長年担当。「今は、商品のよさをお客様に伝えてもらうべく、社内向けに商品知識・商品情報の勉強会などを企画。さらに、お客様の声を商品づくりにフィードバックしています」

  • 三井ホーム 経営企画部 南雲隆博さん
    広告宣伝を担当するブランドマネジメントグループで、主にウェブ系の業務に携わる。「Webを通じて三井ホームをお客様に知っていただくための、さまざまな役割を担っています」

冷暖房だけじゃない、空調のはなし

住まいの空調と聞いて、すぐに思い浮かぶのはエアコン=冷暖房かもしれません。でも、広い意味で“「空気環境」”を整えるためには、温度の調節だけでは不十分です。快適な「空気環境」のためには、換気や空気清浄(ホコリや花粉の除去)、調湿(湿度のコントロール)なども欠かせません。心地よい温度と湿度、爽やかで清浄な空気など、いくつもの要素が満たされて初めて“快適な「空気環境」の家”といえるのですね。住宅メーカー各社も、「空気環境」を重視した商品提案や設計を行っています。


「空気環境」のいい家に住むと、こんないいことがある

夏の暑さも冬の寒さも関係なく、一年中心地よく過ごせる。家中が、いつもきれいな空気に満たされている――想像するだけで、家で過ごす時間が快適に、楽しくなりそうです。「空気環境」のいい家に住むと、快適さ以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。


セキスイハイムの林さんからは、健康面でのメリットの話が。「たとえば、居室と廊下の温度差が少ないことで、夜中にトイレに起きた時などヒートショックの危険が少なくなります」。また、熱帯夜でも熟睡できる、冷え症が改善された、ホコリが減ってアレルギーの症状が緩和されたなどの声も聞かれるとか。

「昔は“外のキレイな空気を入れましょう”と言っていましたが、今は花粉、排気ガス、PM2.5など空気の汚染が問題に。“外の空気をむやみに家に入れてはいけない”時代になってしまいました。その点をクリアして、家の中を常にきれいな空気で満たせるという安心感は、大きいと思います」とパナホームの鎌田さん。

「家の中にホコリが少なくなる=掃除がラクになる、という声も多いです」と三井ホームの南雲さん。「外部からのホコリ、チリはもちろん、花粉やカビの胞子、ダニの死骸などの微粒子を除去するフィルターを通しているので、掃除機のパック交換の回数が減り“それだけ室内の空気がきれいなことを実感した”というお客様の声も届いています」。

「空気環境」を整えることは、単に心地よいというだけでなく、健康や生活の質の向上にもつながることがわかります。家を建てるときには、空調のことをきちんと考え、提案してくれる会社を選ぶ必要がありそうです。

また、最近は、吹抜けやリビング階段、大きな窓、間仕切りの少ない大空間などのプランを希望する人が増えています。このようにオープンな間取りの場合、冷暖房の効きが悪かったり、2階と1階に温度差ができてしまうことも。室内に温度差をつくらず、どこでも快適に過ごせるようにするためには、高気密・高断熱な建物に加えて、トータルな空調計画が必要不可欠です。逆にいえば、空調計画がきちんとなされた家なら、間取りの自由度がぐんと広がるということです。

(文責:イエノミカタ編集部)

「インテリア・設備」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事