MENU

  1. トップ
  2. 家づくりの基本
  3. プロが教える「上手な土地の探しかた」

プロが教える「上手な土地の探しかた」

家づくりに不可欠なのが「土地」。今から土地を探す人にとっては、初めてのことに不安も多いと思います。土地探しを始める前に、ぜひ知っておいてほしいことをまとめました。

いい土地に出会うために知っておきたい
プロからのアドバイス「上手な土地の探しかた」

“いい土地の条件”といえば、南向きで日当たり良好、駅から近くて、買い物も便利…そんな風に考えている方は多いかもしれません。でも、そのような条件だけで、土地を判断するのは早計です。いい家づくり、後悔しない家づくりのために、土地探しで気をつけたいことを、住宅メーカーの営業担当者に聞きました。

家づくりという観点から、土地を判断しよう

「東南角地で駅から徒歩5分。この条件だけを聞けば、とてもいい土地だと思うかもしれません。でも、“家を建てる”という観点からのチェックも不可欠です。たとえば、土地は平坦か、インフラは整っているか、など。土地に高低差があると、擁壁工事の費用がかかる、工事の際の運搬費が割高になるなどのデメリットが生じます。また、土地を購入後に水道管が古いものだとわかり、100万円以上の追加工事が発生したケースもあります。住宅メーカーは“家づくり”という観点から土地を診断できるので、土地探しの強い味方になるはずです。家づくりのプロの視点を入れて、間違いのない土地探しをしていただきたいですね」

その土地に、どんな家が建つかをイメージしよう

「気に入った土地が見つかったら、そこにどんな家が建つかをイメージすることが大事。もしも、希望しているプランがあったら、それが実現可能かどうか知りたいですよね。住宅メーカーに相談すれば、その土地に合ったオリジナルのプランを作成してもらえます。希望通りの家が建ちそうか、もっと別の土地の方がふさわしいか…。プランを検討しながら土地探しを進められれば理想的です」

土地と建物、あわせて資金計画を考えよう

「土地を先に買うと、家づくりにかけられる資金がおのずと決まってしまいます。土地に予算をかけすぎて、思いどおりの家が建てられなかった、というケースも少なくありません。そのような失敗を避けるため、土地購入前に、住宅メーカーに相談することをおすすめします。土地の予算と家づくりの予算、諸費用まで含めてトータルな資金計画を立ててもらえます。どんな家を建てたいかまでを視野に入れて、総合的な計画が立てられるので、納得のいく家づくりにつながるはずです」

未公開の土地情報を手に入れるには・・・

「実は、広告に出ていない土地情報というものが数多くあります。条件のいい土地は、情報がオープンになる前に売れてしまうことも珍しくありません。不動産会社は“家を建てたいから、土地を探している”というお客様を多数抱える住宅メーカーに、そのような土地情報を積極的に提供してくれます。フレッシュな土地情報を手に入れたい場合は、住宅メーカーに土地探しを依頼するといいですね。また、土地購入の経験のないお客様が、何のつてもなく不動産会社に行くのは、不安も大きいと思います。住宅メーカーに相談すれば、安心して任せられる不動産のプロを紹介してくれるはずです」

百点満点の土地でなくても大丈夫

「すべての条件を満たした、百点満点の土地を探すのは難しいものです。でも、家の間取り次第で、土地の欠点をカバーすることは十分可能です。プランニング力のある住宅メーカーなら、土地の欠点を上手に克服し、長所をうまく生かした間取りをつくってくれるはずです」

また、これは土地購入後の話になりますが、大手住宅メーカーには銀行と提携したローンがあり、通常の金利よりも優遇されています。その結果、返済金額に数100万円の差がでることも。その分、建物にしっかりとお金をかけて、いい家を建てることができるというわけですね。

“家づくりを依頼すると決める前に、住宅メーカーに土地探しの相談をするのは気が引ける”という遠慮は無用だそう。むしろ、土地探しの相談をしながら、家づくりのパートナーたりうるかを見極めてもらえればいい、とのこと。心強いプロのサポートを得ながら、土地探しができたら安心ですね。ベストな土地に出会うためにも、まずは住宅メーカーに相談をしてみませんか。

(文責:イエノミカタ編集部)

「家づくりの基本」の最新記事

もっと見る

イエノミカタ最新記事